長谷川運輸株式会社

TOPIX

社員行動・危機管理基準

コンプライアンスに則したあらゆる規則を遵守し、行動しています。
事業活動を進める上で伴うあらゆる危険機会の予防対策ならびに、
危機管理の基本的対応について定め、事業活動を展開しています。



ISO 14001の認証取得 (2006年10月)

地球に生きるすべての生きものにとって、かけがえのない星、地球。今、その地球の未来が、深刻さを増す環境問題によって危ぶまれています。

私たちは、このすばらしい地球を守り、次の世代へ手渡すため、環境保全活動に取り組み、あらゆる視点から環境問題を考え、環境汚染を防止し、豊かな地球を未来に残していきます。



24時間稼動ロジスティクスセンター

物流の全体最適を図るために欠かすことの出来ない機能である保管倉庫。この倉庫の稼動時間が輸送を助ける為のひとつの手段であります。
長谷川運輸鰹ャ牧営業所ロジスティクスセンターは24時間眠らないロジスティクスセンター(保管・仕分・共配)として稼動させました。
出荷・ピッキングの時間は、通常時間帯にでこなせる範囲の状態にありますが、入荷は、出荷・積込み作業とも重複することから、夜間入荷を行うことで入出荷作業効率向上、入出荷車輌の滞留時間の削減に繋がっています。
輸送の効率化とCRP創出には、入出荷作業の効率化が図れています。



ロジスティクスナビゲーションシステム

当社の小牧営業所ロジスティクスセンターでは、24時間稼動に加え、顧客先より預かる製商品の入出庫・品質・賞味・在庫管理をシステム化をしております。
(1)入荷検品作業→(2)入庫処理→(3)出庫処理→(4)品質・賞味・在庫管理 のシステム化により、入荷から納品庭先までのトレーサビリティを可能としております。
ロジスティクスセンターの何処にいても、正確な指示のもと、正確な作業が行えるシステムを構築しました。
また、保管作業においては、小ロット、少量品の保管管理をすることで、出荷ミスの発生はまったく皆無の状況です。



当サイトの画像及びコンテンツの無断使用を禁じます。